公認会計士の日常タイトル

公認会計士 予備校のメリット、デメリット

予備校のメリット

予備校を通う最大のメリットとして、勉強を継続して行うことができることにあります。
毎週決まった曜日に決まった時間、予備校に通うことで勉強する習慣がついて、継続して勉強することができるのです。
それに予備校の日程にあわせて計画的に勉強することによって、勉強するペースが安定します。
予備校の講義が受験生を合格へ導いてくれるペースメーカーになるのですが、講義だけでは合格することができないので自分で予習や復習を行うようにしましょう。
それに予備校に行くメリットとして、同じ公認会計士を志す仲間と知り合うことができるのです。
予備校の教室で隣に座った人と休憩時間に話すことによって、同じ志を持った仲間やライバルがいた方が情報交換ややる気などのモチベーションを保つことができるのであります。
孤独に資格試験の勉強をしていてはかなり精神的に厳しいと思います。
公認会計士の場合、合格した後、監査法人などへ就職活動をする人多くいるので、リクルート活動する場合に仲間と情報交換のやり取りができるのもメリットといえます。

 

予備校のデメリット

予備校に通うときのデメリットとして、時間的な制約ができてしまうのです。
予備校の場合、決まった時間に通わないといけないので、仕事を持っている社会人だと時間が限られてくるので、希望する講座を受講することができない場合が少なくないと思います。
しかし、予備校の受講形態はかなりフレキシブルになってきているので、予備校のデメリットである時間的な制約は徐々に解消されてきているそうです。
後、地方によっては予備校がないことがあるので、それもデメリットになります。

 

 

公認会計士 通信講座のメリット、デメリット

 

通信講座のメリット

通信講座のメリットとして時間的な制約がないことです。
いつでもどこでも、送られてきた資料を基に勉強することができるので、会社の昼休みや通勤、通学などの交通機関の中で聞いたり、勉強することができるのです。
時間に限られた受験生は通信講座が合っていると思います。
録音した音声を何度も繰り返し聴けることも通信講座のメリットといえます。
通勤や通学時に講義などを聴くことも可能で、地方によっては近くに予備校がなく、予備校の講座を受けたくても受けられないけど、通信講座ならどこに住んでいても受講することができるのが通信講座のメリットだといえます。

 

通信講座のデメリット

通信講座のデメリットとして自分自身のスケジュールで管理していないと途中で飽きたり挫折してしまうことが多いのが最大のデメリットだと思います。
予備校のように決まった日時に講義に出席しないといけない環境の方が勉強を継続して行うことが出来ると思います。
通信講座は継続して勉強することが難しいのですが、通信講座を受ける時にも注意が必要です。
通信講座はいつでも勉強することができるので、いつでもっていう環境に甘えてしまい、送られてくるDVD、ビデオ、カセットテープ、プリントなど溜まって行くと思います。
カセットテープやプリントを溜めてしまうと勉強するモチベーションがどんどん無くなり、勉強が遅れてしまうのです。
いつでも勉強できることは事実なのですが、出来るだけ勉強するペースを一定に保ち、教材を溜めてしまわないようなスケジュールを設定するようにしましょう。

 

公認会計士の日常トップバー